2018年2月19日(月)

「スタバでバイト」は刺さるか?(面接道場)

就活
コラム(ビジネス)
(1/2ページ)
2018/2/13 6:30
保存
共有
印刷
その他

 就活生の皆さん、こんにちは。人材研究所(東京・港)の曽和利光です。学期末試験が終わり、就活に本腰が入ってきた頃ではないでしょうか。この面接道場では、就活生が模擬面接に挑戦します。今回の質問は「あなたが仕事を選ぶ基準は何ですか?」。仕事観を問うもので、個別企業の具体的な志望動機にもつながる重要なテーマです。一緒に考えてみましょう。

仕事観に関する質問は、就活では定番の話題だ

仕事観に関する質問は、就活では定番の話題だ

参加者
羽鳥裕さん
(東洋大学文学部3年、男性)
田中美佐さん
(早稲田大学国際教養学部4年、女性)
原優太さん
(名古屋工業大学大学院修士1年、男性)
※希望があれば仮名にしています。

曽和さん:それでは就活相談室に集まってくれた3人に順番に尋ねてみましょう。まずは羽鳥さん。あなたは何を基準に仕事を選びますか。

羽鳥さん:その会社が、どれだけ人材を大事にしているかで選びたいと思います。しっかり休みがとれるか、社員一人ひとりに仕事の負荷がかかりすぎていないか、教育プログラムや人材育成の環境整備がされているか、などに注目しています。

模擬面接に参加しませんか

曽和さんの指導や、悩み相談を受けたい就活生の方は、こちらのフォームから氏名・メールアドレスなどの連絡先をお知らせください。リンク先に飛ばない場合はこちらのURLをコピーしてお使いください。
https://esf.nikkei.co.jp/sowa_mensetsu//

曽和さん:それはなぜですか。

羽鳥さん:スターバックスコーヒーでアルバイトをしています。ここはスタッフを教育する体制がしっかりできているなと感じています。私も社会人になって教える立場になったら、教育制度が整った会社で後輩を育てていきたいです。

曽和さん:どういう会社を受けたいと考えていますか。

羽鳥さん:まだ絞り切れていません。金融業界の志望度が高いです。損保や証券会社に入って、日本企業が海外進出する際に手助けして、一緒に成長していきたいなと……。

曽和さん:はい、ありがとうございます。羽鳥さんの話は、前半が人の育成に関わりたいという内容でした。後半は会社が会社をサポートするという話で、前後が全然関係ないですね。

 このままでは、ただのこじつけです。論理的な思考能力が欠けていると判断されかねません。会社選びの軸は何も「業界」だけではありません。仕事の内容や職場の雰囲気、給与水準など、さまざまな要素があります。無理やり業界で説明しなくてもいいですよ。

 とにかく自分の経験を振り返り、自問自答を繰り返しましょう。経験には、何か会社選びにつながるきっかけがあるはずです。スタバのバイトの経験でも良いですよ。「指導した後輩がものすごく腕を上げて、社内の賞を取って感謝された」といったエピソードがあるかもしれません。

■情報量はなるべく多く

曽和さん:では続いて田中さん、お願いします。

田中さん:社会に在る課題を、自分の手で解決できないだろうかという視点で選んでいます。

 例えば、自分が現場で見聞きしたものを伝えることによって、より多くの人に問題を分かってもらいたいです。問題が起きている現場と、関係のない人たちをつなぐことで問題を解決したくて……。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報