/

この記事は会員限定です

日立、インド新幹線受注へ提携 国営企業と生産視野

[有料会員限定]

日立製作所はインド初となる高速鉄道整備計画の車両受注に向け、現地の国営企業と技術提携する。ムンバイ―グジャラート州間の計画では日本の新幹線方式の採用が決まっており、日立は受注に成功すれば車両の現地生産も検討する。実現すれば新幹線の海外生産は初めて。新幹線輸出は台湾だけにとどまっているが、インドで実績を積み世界展開につなげる。

インドの国営メーカーで地下鉄車両大手のBEMLと技術提携する。日印両政府は全長約5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り676文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン