強い磁場、黒点の明るい部分に 国立天文台が史上最強を観測

2018/2/8 21:21
保存
共有
印刷
その他

国立天文台と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、太陽の表面に現れる黒点で通常よりも2倍ほど強い磁場を見つけた。太陽観測衛星「ひので」のデータを分析してわかった。6250ガウスに達し、従来の記録を150ガウス上回った。観測史上最強という。通信障害などを引き起こす「太陽フレア」と呼ぶ爆発現象の解明などにつながるとみている。

黒点は太陽の中心部からの熱が磁場にじゃまされて伝わりにくくなり、温度が低くな…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]