2018年10月17日(水)

養殖から外食まで 鯖やのユニクロ戦略

コラム(ビジネス)
スタートアップ
(1/2ページ)
2018/2/12 6:30
保存
共有
印刷
その他

養殖から飲食店まで一気通貫の「漁業のユニクロ」――。そんな企業を目指すのがサバ料理専門店の鯖や(大阪府豊中市)だ。新会社設立後にクラウドファンディング(CF)で資金を調達し、2018年4月にサバやタイなどの養殖事業を始める。「未利用魚」を使った自動給餌システムなど低コスト化も進め、水産業に新風を吹かせる。

■目指すは漁業版SPA

養殖を手がける新会社を設立した鯖やの右田孝宣社長

養殖を手がける新会社を設立した鯖やの右田孝宣社長

「漁業のユニクロを目指します」。17年7月、鯖やの右田孝宣社長(43)が全額出資し、養殖を手がける新会社「クラウド漁業」を設立した。島根県の隠岐諸島にある海士町で地元の漁業協同組合や漁業者と協力し、18年4月から新技術を使った養殖を始める。

目指すのは漁業版SPA(製造小売り)だ。ユニクロに代表されるSPAはモノの製造から販売まで一貫して手がけるビジネスモデル。同社が扱う年間300トン以上の鮮魚を安定的に仕入れ、柔軟に商品開発できる仕組みが必要と判断。養殖事業への参入を決めた。

背景にあるのはサバの漁獲量の減少だ。水産庁によると1970年代には100万トンあったサバの漁獲量は現在、半分の50万トンまで落ち込んだ。同社が仕入れる油脂含量21%以上の「とろさば」は全て国産。天然のサバだけでは好不漁に左右され、リスクが高すぎる。

「水産業では魚をとる人、卸す人、売る人が分断されていた」と右田社長。養殖業者はスーパーや飲食店などの小売業が要求するサイズや魚種などの規格に合わせて養殖する必要がある。生産コストが上がるほか、価格設定は小売りに握られ、買いたたかれていると指摘する。「『出口』を押さえて低コスト養殖を手がければもうかる漁業になる」

養殖サバはサバ料理専門店「SABAR」が仕入れるほか、サバ以外のタイやスズキなどの養殖魚は18年7月に開業する新ブランド店「漁師の串」で扱う。隠岐諸島の名産品を扱う「離島酒場」も立ち上げ、養殖魚の出口を広げる。

右田社長は大阪の商業高校を卒業後、鮮魚店に勤め、97年にオーストラリアの回転ずし店に就職した。帰国後は居酒屋を経営し、サバ寿司(すし)が人気メニューに。「(飲食店情報サイトの)ぐるなびの料理ジャンルに焼き肉や寿司と並んでサバを加えたい」と、07年に鯖やを設立した。

14年にSABARを開業し、とろサバの料理を提供し国内で14店舗を運営。16年7月にはシンガポールの伊勢丹に海外1号店を出店した。21年までに従来比約6倍の83店舗まで増やす計画だ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報