/

この記事は会員限定です

ナンバ、フロン漏れ早期発見 IoTで常時監視

[有料会員限定]

冷凍設備の設計、施工などを手掛けるナンバ(長岡市)は、スーパーマーケットなどの冷蔵・冷凍機の冷媒に使うフロンガスの漏れを早期に発見するシステムを開発した。超音波を使い、目視で確認できないフロンの微量な漏れを検知する。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の技術を使い、遠隔の冷蔵機の状態を常時監視する。地球温暖化対策としてフロン規制が厳しくなる中、新システムを拡販する。

システムは箱形の検知装置と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り705文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン