2018年10月21日(日)

ボルボ・カー、営業益28%増で過去最高 前期、新型SUV好調

2018/2/8 17:28
保存
共有
印刷
その他

【ストックホルム=深尾幸生】スウェーデンの高級車メーカー、ボルボ・カーが発表した2017年12月期の決算は営業利益が前の期比28%増の140億クローナ(約1900億円)だった。新型セダンなどの最上級モデルの販売増が貢献し、過去最高を記録。売上高は2109億クローナと17%増えた。

17年の世界販売台数は57万台と7%増で過去最高を更新した。とくに中国の伸びが大きく26%増で、世界全体の2割を占める。車種別では高級セダンの「S90」やワゴンの「V90」の販売が大きく伸びたほか、日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した多目的スポーツ車(SUV)の「XC60」も好調だった。

収益性の指標としている営業利益率は0.6ポイント増の6.7%。ドイツの高級車大手と比べるとまだ低いが、新しいプラットホーム(車台)への切り替えの効果が出ている。切り替えは18年にほぼ完了し、18年の業績見通しは増収増益という。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報