2018年8月18日(土)

8/18 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: トランプ氏「決算開示を半期に」 SECに研究指示
  2. 2位: 米国株、続伸 ダウ110ドル高で半年ぶり高値 米中摩擦の懸念後退
  3. 3位: ハイテク株変調の影 世界で包囲網、売り要因に[有料会員限定]
  4. 4位: 上海株大引け 5日続落、2年7カ月ぶり安値 中国ショック後安値に接近[有料会員限定]
  5. 5位: 「アマゾン関連」第3幕? 中堅中小に広がる[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,270.38 +78.34
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,260 +100

[PR]

業績ニュース

日産自、今期営業益24%減 米販売悪化と無資格検査で

2018/2/8 17:32
保存
共有
印刷
その他

 日産自動車は8日、2018年3月期の連結営業利益が前期比24%減の5650億円になりそうだと発表した。従来予想を800億円下回る。無資格検査問題に関連するリコール(回収・無償修理)費用が膨らむほか、米国販売の悪化が響く。無資格検査問題を受け、昨年11月に営業利益を400億円引き下げており、下方修正は2度目となる。

 検査問題の追加費用が300億円、米国の販売不振に伴い販売会社の在庫を減らした影響が400億円の減益要因となる。

 通期の世界販売計画は3%増の578万台と5万台引き下げた。国内と北米、欧州の販売台数を下方修正した。売上高は従来予想通り1%増の11兆8000億円。純利益は6%増の7050億円と1700億円引き上げた。米国の法人税率が引き下げられ、将来の税負担に備えた繰り延べ税金資産を取り崩す。この影響が2077億円の増益要因となる。

 同日記者会見した田川丈二常務執行役員は「米国の市場環境への対応や、国内の検査問題の影響からの回復を進めており、年度末までに事業を正常化できると見込んでいる」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム