米上院指導部、歳出上限33兆円上げ合意 金利に上昇圧力

2018/2/8 10:32
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=河浪武史】米上院の与野党指導部は7日、国防費などを積み増すため、2018会計年度(17年10月~18年9月)と19会計年度の歳出上限を合計3千億ドル(約33兆円)程度引き上げることで合意した。同案が議会で成立すれば、18年度の関連の歳出上限は前年度比1割強も高まる。大型減税と歳出増で政府債務がさらに膨張し、世界市場の動揺を招いた米長期金利にも一段の上昇圧力がかかる。

米議会法案の成…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]