2019年2月20日(水)

防犯や交通事故対策にAI活用 神奈川県警

2018/2/8 10:13
保存
共有
印刷
その他

神奈川県警は人工知能(AI)を使って犯罪や交通事故の発生を予測するための研究を始める。2020年度末の本格導入を目指し、同年夏の東京五輪・パラリンピックでも活用したい考えだ。

7日に公表した2018年度予算案に4800万円を計上した。統計データ、気象条件などをもとにAIが犯罪や交通事故の発生確率を予測。確率が高い地域や時間に重点的にパトロールしたり、対策を強化したりする活用方法を想定している。

研究は民間企業に委託。犯罪学やAIの研究者らの協力を得ながらシステムの構築を目指す。県警は09年度以降に県内で発生した事件や交通事故計約260万件の情報を提供する。

県警によると、すでにAIを捜査に活用している米国では、犯罪や交通事故の予測に一定の成果があった。県警生活安全部の小清水芳則部長は「AIの導入で一件でも多くの犯罪や交通事故を減少させ、安全・安心につなげたい」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報