2018年5月26日(土)

4万4千件で可視化実施 検察調べ、17年4~9月

2018/2/8 9:52
保存
共有
印刷
その他

 最高検は8日までに、2017年4~9月に全国の検察庁が実施した取り調べの録音・録画(可視化)が4万4487件に上り、前年同時期より約6800件増えたと発表した。全過程と一部の可視化を合わせた件数。

 最高検は、ほぼ半年ごとに運用状況を公表。可視化の対象を警察が逮捕した全事件に拡大した14年10月以降、実施件数は増え続けている。

 刑事訴訟法が改正され、裁判員裁判対象事件と検察独自捜査事件での全過程の可視化義務付けが19年6月までに導入される。17年4~9月は裁判員裁判事件1199件のうち98.1%で取り調べの全過程を可視化。独自事件36件では全てで全過程を可視化した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報