/

フィデアHD傘下の荘内銀・北都銀、東北銀と提携発表

フィデアホールディングス傘下の荘内銀行と北都銀行は7日、東北銀行と業務提携したと発表した。3行は取引先向けの商談会やビジネスマッチングを共同で開催するほか、取引先の後継者を互いに紹介する。農業や再生可能エネルギーでの協調融資にも取り組む。3行の顧客基盤やノウハウを共有し、マイナス金利など厳しい経営環境で収益力向上をめざす。

有価証券運用やリスク管理のほか、金融とIT(情報技術)を融合したフィンテックなどの分野で人材交流を検討する。3行は提携について「将来の資本提携や経営統合を目的とするものではない」としている。

山形、秋田、岩手は全国でも少子高齢化が進んだ地域とされ、地域経済の縮小に直面している。3行は2013年にみちのく銀行などと組み、農林水産業者の「6次産業化」を支援するファンドを設立。緩やかな協力関係を築いてきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン