/

水戸の柔甘ねぎ、地理的表示に登録

農林水産省は7日、水戸市内を中心に生産されている「水戸の柔甘(やわらか)ねぎ」を地域の農林水産物などの名称を保護する地理的表示(GI)に登録したと発表した。茨城県内のGI登録としては江戸崎かぼちゃ、飯沼栗に続き3例目となる。

水戸の柔甘ねぎは名前の通り柔らかく、グルコース含有量が高いことから甘みがあるのが特徴。辛みやえぐみも少なく、緑の葉の部分も生で食べられるという。栽培の際も使用する肥料の種類や、農薬の散布量・回数などにも基準を設けている。

水戸市のほか、同県城里町や茨城町で生産し、地元や京浜市場などへ出荷している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン