/

この記事は会員限定です

学者出身の後継者、実践で分かった理論との違い

新・同族経営

[有料会員限定]

警備会社のユニティガードシステム(東京・港)の社長を務める八木陽一郎氏は香川大学ビジネススクールの教授から家業の経営者に転じた。研究者時代は組織開発やファミリービジネスの研究で知られた人物で、経営の理論から実践に進んだ。様々な経験を経て、経営学に対して学者時代とは違う思いを持つという。

新・同族経営

同族企業は日本経済の大半を占める一方、その経営手法は未解明な面が目立ちます。ケーススタディーと最新データで強さと弱さを検証します。隔週火曜日掲載

米国留学中に家業がピンチに

1965年創業の同社は社員が約600人で、八木氏の父親が実質的な創業者。ビルなどの警備が中心で、最近はロボットを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1735文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン