/

この記事は会員限定です

AI兵器 手探りの規制論

上級論説委員 刀祢館 久雄

[有料会員限定]

囲碁や将棋のトップ棋士が人工知能(AI)に敗れる時代になった。これからは機械と競うより、人間ならではの勝負の魅力を見せることが重みを増していくのだろう。

将棋界の第一人者である羽生善治竜王もそんな思いを深めているようだ。

「棋士の存在価値っていうのが何なのかということを問われている」

「永世七冠」を達成した昨年12月、日本記者クラブの会見でAI時代の棋士のあり方を尋ねると、「それは本当にある種とて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1418文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン