2018年5月21日(月)

足立美術館が15年連続1位 米誌の日本庭園ランキング

2018/2/7 18:08
保存
共有
印刷
その他

 横山大観らの近代日本画コレクションで知られる足立美術館(島根県安来市)は7日、米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」が実施した2017年の日本庭園ランキングで1位に選ばれたと発表した。03年のランキング開始以降、15年連続の選出。

 足立美術館の庭園は約16万5千平方メートルで、専属の庭師6人によって細部まで手入れされたアカマツやモミジなどの木々とコケ、白砂などが、遠景の山並みと相まって四季折々の風景を楽しませる。1970年の開館以来、毎朝全職員で庭の掃除をしているという。

 2位には桂離宮(京都市)、3位は山本亭(東京都葛飾区)、4位は京都平安ホテル(京都市)、5位は佳翠苑皆美(松江市)が選ばれた。

 国内外の専門家が日本にある900カ所以上の庭園を訪れ、庭園の質、建物との調和、職員の対応などを総合評価した。

 足立美術館の足立隆則館長は「大変うれしく誇りに思う一方で、栄誉に恥じない庭園であり続けるための大きな責任を感じる」とコメントした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報