/

この記事は会員限定です

ソフトバンク、携帯上場を待ち受ける荒波

証券部 須永太一朗

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長が7日、携帯子会社ソフトバンクの株式を上場させる方針を正式に表明した。上場を機に保有株の約3割を売却して2兆円規模の資金を調達する見通し。同時に通信から投資事業まで多様な事業領域がかえってグループ全体の企業価値を見えにくくする「コングロマリット・ディスカウント」を解消する狙い。世界の株式相場が調整色を強めるなか、市場では携帯子会社の配当政策に関心が集...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1315文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン