2019年5月24日(金)

「おひとりさま」割引 富士急ハイランド、期間限定で

2018/2/7 15:13
保存
共有
印刷
その他

1人で黙々と絶叫マシンを楽しみたい。焼き肉やカラオケで定着しつつある「おひとりさま」市場を捉えようと、富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)は9日から1人客用のフリーパスを期間限定で発売すると発表した。2月10日から3月14日まで利用できる。1人客需要の開拓につなげる狙いだ。

富士急ハイランドの絶叫マシン「高飛車」

「シングルスマートフリーパス」の名称で、ヤフーの電子チケットサービス「パスマーケット」上で販売する。価格は通常よりも400円安い5300円。

購入客は同園の絶叫マシン「FUJIYAMA」と「高飛車」で、1人分の席が空いた際に優先的に乗車できる。他にも対象期間に2月14日のバレンタインデーが含まれているため、園内の従業員からチョコをプレゼントしてもらえる特典などもある。

富士急ハイランドはこれまでも新規需要を喚起するため、期間限定でフリーパスを割り引くイベントを開いてきた。2017年4月29日からのゴールデンウイーク(GW)中には、スマートフォン(スマホ)で利用したい日の2日前から絶叫マシンの優先券を買えるサービスを実施した。

従来、絶叫マシンの優先券は当日分のみ、園内で販売していた。スマホで事前に購入しておけば、当日は現地スタッフにスマホ上のチケットを見せるだけで済み、待ち時間の短縮につながる。利用客からの好評を受け、7月から本格導入を始めた。

10月下旬にはハロウィーンにちなみ、仮装して来園した客を対象とした割引も実施している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報