2019年2月23日(土)

満身創意(岡崎慎司)

フォローする

移籍かなわず…でもとどまることもまた挑戦

2018/2/8 6:30
保存
共有
印刷
その他

欧州のサッカーシーンは夏と冬の年2度、移籍市場が開き、選手はその期間だけ移籍が可能だ。契約期間が残っている選手を獲得する場合、違約金を支払うことになる。日本ではこれを「移籍金」と呼び、選手の価値を示す指標にもなっている。

通常、冬の市場は1月末に閉まり、駆け込むように移籍が成立する。そんな動向を見ながら僕は「自分ならどうする?」と考えを巡らせる。ベンチ外が長く続き、出場機会を求めて移籍する選手がいると、「自分ならどれくらい我慢できただろう」と思う。

「残留して粘った方がいいのか?」「移籍して当座は現状を打開できても、またどこかで同じ壁にぶつかるんじゃないか?」「ほかのクラブに可能性はなかったか?」。あれこれ考えては、自分にも訪れるかもしれない現実に備え、抗体を作っているようなところがある。

もちろん、僕の想像は、実際に移籍した選手たちの心情や真の現実には及ばないのだろう。しかし「自分なら」と想定し思索することで、「なぜここにいるのか」という覚悟のほどは確認できる。

プロになって13年余、僕は4つのクラブでプレーしてきた。その経験から言えるのは移籍は現状をリセットする有効な方法ということ。自分への固定観念を破壊し、新天地で新しい自分を見つける。そんな作業を繰り返し、ステップアップしてきた。2017年夏、レスターから移籍しようとしたのも、純粋なストライカーとして評価されていないと思ったからだった。

移籍はかなわなかった。だから今季は同じクラブで、いかにリセットできるかが課題になった。環境の変化という外圧に頼らず、進化を遂げるという挑戦。どう過去の自分を捨て、開き直れるか。鍵はやはり、気持ち。レスターで3年目の今季、1年目以上の覚悟と新鮮さを持ってスタートできた。半年がたち、移籍しなくてよかったという気持ちを今は抱いている。答えは一つではないとも。

挑戦とは、環境を変えることだけじゃない。とどまることもまた、挑戦なのだ。

08年北京五輪で1次リーグで敗れたとき、悔しさとともに「もっと強くなりたい」という思いを共有し、ヨーロッパの舞台を皆で目指した。あれから時は流れ、それぞれの歩む道に変化が生まれたと感じる。家族をつくり、立場も異なり、描く将来像にも違いがある。価値観の違いが明確になったのは、僕らが大人になったということなのだろう。

今の僕は、選手として生きることしか考えられない。引退後の人生設計やビジネスのことも眼中にない。現役である限り、サッカーのことだけを考えて突き詰めるのが願いだ。あと何回、移籍できるかわからないが、まだまだ、欧州でプレーし続けたい。

満身創意(岡崎慎司)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

満身創意(岡崎慎司) 一覧

フォローする
欧州での現役生活をまだまだ続けるつもりだ=ロイターロイター

 欧州へ渡ってドイツのシュツットガルトで2シーズン半、マインツで2シーズンを過ごし、英国のレスターに移籍した。移籍で環境を変えることは試合に出る、出られないに関係なく、成長に欠かせない行為だと僕は思う …続き (1/23)

身体への目覚めは30歳を過ぎての新しい挑戦の一つになった=ロイターロイター

 僕と同じ年の長友佑都(ガラタサライ)は身体のケアだけでなく、食事に着目した「食トレ」など、コンディション調整については昔から熱心に取り組んでいる。そういう姿を何年も間近で見て、感心しながらも、僕自身 …続き (2018/12/26)

長谷部(右)について「自身の名声や実績に酔うことがない人だ」=共同共同

 先日、長谷部誠さん(アイントラハト・フランクフルト)と、家族ぐるみで食事をした。長らく代表のチームメートとして活動してきたが、2人でじっくり話し込むのは初めてのことだった。 …続き (2018/11/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]