スペースX、大型ロケットの試験打ち上げ成功 積載2倍に

2018/2/7 8:03
保存
共有
印刷
その他

【ニューオーリンズ=兼松雄一郎】米宇宙開発ベンチャー、スペースXは6日、米フロリダ州ケープカナベラルのケネディ宇宙センターから大型ロケット「ファルコンヘビー」の試験打ち上げに成功した。競合他社のロケットの2倍となる、現時点で世界最大の積載量を輸送する能力がある。宇宙への輸送の低価格化がまた一歩前進した。

ファルコンヘビーは、地球に近い低軌道までの輸送なら約64トンまで荷物を積める。アポロ計画に使われた「サターンV」に次ぐ大型ロケットで、実用可能なものでは世界最大となる。民間企業によるロケットとしても過去最大規模だ。

価格は9千万ドル(約100億円)から。同社は競合の米ロッキード・マーチンと米ボーイングの共同出資会社、米ユナイテッド・ローンチ・アライアンスなどに比べ輸送費用は3分の1になるとしている。

今回の打ち上げ試験では、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)のスポーツカーとスペースXが開発した宇宙服を着たマネキンを積んだという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]