/

この記事は会員限定です

京大iPS論文不正、研究ゆがめた不安定雇用

真相深層

[有料会員限定]

京都大学iPS細胞研究所で論文不正が発覚した。山中伸弥所長を先頭に国内でも先進的な防止対策をしてきた「優等生」の研究機関でも不正は防げなかった。生命科学を中心に大学や企業で研究不正が起こる度に再発防止策が議論されてきたが、不正は後を絶たないのが現状だ。背景には激しい研究競争や若手研究者の不安定な雇用などもあるとみられている。

「様々な取り組みをしてきたつもりだが事前に見抜けなかった」。山中所長は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1483文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン