2018年2月19日(月)

プロ野球

「プラス5メートル」生む強いスイング セ3連覇へ若手底上げ
プロ野球キャンプリポート 広島

2018/2/6 23:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 至近距離で、下から軽くトスした球を、ホーム付近から外野めがけて打つロングティーという打撃練習がある。正確にはロングトス打撃というべきかもしれないが、この練習でみられる広島のレギュラー陣のスイングは圧巻だ。

 勢いがない球を遠くに飛ばすのは至難で、スイングの「地」の強さが計られる。各球団をみると、日本ハム・中田翔や西武・浅村栄斗ら主砲クラスはぽんぽんとスタンドに放り込むが、他の打者はそうはいかない。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

317球を投げ込んでも中日・小笠原の下半身はどっしりしていた

 球数が250球を超えると、若い小笠原慎之介(20)も、さすがに肩で息をし始めた。「よいしょ」「駄目だ」……。疲労の極限に達しようというなか、自らを鼓舞し、叱咤(しった)しながらのブルペンでの投球は延 …続き (20:05)

 ソフトバンクの工藤公康監督は19日、宮崎市内で取材に応じ、3月30日のオリックスとの開幕戦で千賀滉大投手を先発起用すると明言した。25歳の千賀は育成ドラフト4位入団でプロ8年目。育成出身の開幕投手は …続き (19:28)

遊撃手の広岡にアドバイスを送る宮本ヘッドコーチ(右)

 伸び伸びとやるヤクルトキャンプの良さは保ちつつ、昨年までとは違う緊張感も漂う。ティー打撃で少しでも気を抜けば「それはスイングちゃうやん」。覇気を感じない若手には「若者らしく元気を出せ」。グラウンドで …続き (18日 19:55)

ハイライト・スポーツ

平昌五輪特設ページ

[PR]