2018年10月22日(月)

プロ野球

「プラス5メートル」生む強いスイング セ3連覇へ若手底上げ
プロ野球キャンプリポート 広島

2018/2/6 23:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

至近距離で、下から軽くトスした球を、ホーム付近から外野めがけて打つロングティーという打撃練習がある。正確にはロングトス打撃というべきかもしれないが、この練習でみられる広島のレギュラー陣のスイングは圧巻だ。

勢いがない球を遠くに飛ばすのは至難で、スイングの「地」の強さが計られる。各球団をみると、日本ハム・中田翔や西武・浅村栄斗ら主砲クラスはぽんぽんとスタンドに放り込むが、他の打者はそうはいかない。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 プロ野球西武の菊池雄星投手(27)が、今オフにポスティングシステムを利用して米大リーグへ挑戦することが21日、関係者の話で分かった。2015年12月の契約更改交渉で初めて将来的なメジャー移籍の希望が …続き (1:07)

六回ソフトバンク無死、本塁打を放つ柳田

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は21日、パ・リーグの第5戦がメットライフドームで行われ、レギュラーシーズン2位のソフトバンクが10年ぶりにリーグを制した西武を …続き (21日 22:31)

 西武は21日、辻発彦監督(59)が来季も続投すると発表した。クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでソフトバンクに敗退した後、後藤高志オーナーが要請し、辻監督が受諾した。今季が2年契約の2 …続き (21日 20:33)

ハイライト・スポーツ

[PR]