旭川電気軌道、4月からバス全車両にWi-Fi

2018/2/6 22:00
保存
共有
印刷
その他

バス会社の旭川電気軌道(旭川市)は4月、乗客がインターネットに無料で接続できる「Wi-Fi(ワイファイ)」を全車両に導入する。市内や近郊を走る路線バスも対象で、個人旅行する訪日観光客などの乗車を呼び込む狙い。北海道バス協会によると、路線バス全車両へのWi-Fi導入は道内では初めてという。

旭川電気軌道の路線バス(北海道旭川市)

3月からWi-Fi機器を順次取り付け、全車両の利用開始日は路線バス164台と観光貸し切りバス11台が4月1日から、旭川市内と新千歳空港を直行で行き来できる路線開設予定の空港連絡バス4台は4月25日から。最大100人程度の同時接続が可能で、日本語を含め6カ国語に対応できるようにする。

JR旭川駅と旭川市旭山動物園、旭川空港、旭岳などを結ぶ路線バスは訪日客の乗車が目立つ。増加する個人旅行客の取り込みを強化する。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]