渡辺製作所、温度センサーを日本酒造りに活用

2018/2/7 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

情報通信機器の渡辺製作所(さいたま市)は、日本酒メーカーの権田酒造(埼玉県熊谷市)と連携し、光ファイバーを使った温度センサーを酒づくりに生かす実証実験を始めた。温度変化と味の関係を調べて品質向上に役立てるほか、データの活用で熟練に頼らない酒造りの実現も期待される。主に研究機関向けの温度センサーの販路を拡大する狙いがある。

渡辺製作所の温度センサーは、ステンレスのパイプに口径約0.35ミリメートル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]