/

首相「黒田総裁の手腕信頼」 衆院予算委

安倍晋三首相は6日の衆院予算委員会で、日銀の黒田東彦総裁が進める金融政策を評価した。首相は「市場の空気を変えていく力になった。黒田総裁の手腕を信頼している」と述べた。「名目GDP(国内総生産)は過去最高水準で企業収益も過去最高。経済の好循環が着実に回り始めている」と指摘した。

黒田氏は4月に総裁任期の満了を迎える。首相は「2%の物価安定目標に向けて着実に進んでいただきたい」と語り、現在の金融政策の継続に期待を示した。立憲民主党の落合貴之氏への答弁。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン