/

この記事は会員限定です

仮想通貨の納税、取引履歴の把握難しく

納税難民(上)

[有料会員限定]

16日から2017年分の税の確定申告が始まる。今年は仮想通貨の利益を巡る申告が増えると想定されるほか、医療費控除の制度変更がある。ただ、給料からの源泉徴収に慣れた会社員が迷わず納税にたどりつけるかどうか。日本中で「納税難民」がさまよう気配が漂っている。

クラウド会計ソフトのFreee(フリー、東京・品川)が6日に開いた確定申告セミナー。会場では仮想通貨の取引で1億円以上の利益を得た「億り人」が税理...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り961文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン