シンガポールの医療スタートアップが日本進出

2018/2/6 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

心疾患の可能性を短時間で診断するサービスを提供するシンガポールのスタートアップ企業が近く日本に進出する。この会社はトライコグ(チャリット・ボガラジャ社長)。このほど、増資を実施し、ベンチャーキャピタル(VC)の東京大学エッジキャピタル(UTEC、東京・文京)などから約4億4000万円を調達した。UTECの出資を機に、日本でのパートナーとなる医療機器メーカーや医療機関を探す。

トライコグのサービス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]