2018年2月20日(火)

紅く染まる米AI学会 中国ネット大手が学生争奪

北米
AI
2018/2/6 16:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 中国ネット大手による人工知能(AI)開発人材の争奪戦が激しさを増している。ニューオーリンズで開催中の米AI学会では、アリババ集団や騰訊控股(テンセント)などが米国留学中の中華系学生を狙い激しいアピール合戦を展開。米国の学会だが、中国語が飛び交っている。

■中国からの論文、57%増える

 「パーティーに来てください」、「待遇は結構いいよ」

 34社・団体のブースが集まる会場入り口の一等地の公用語は中国語…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報