/

この記事は会員限定です

NY株「瞬時の急落」再び 適温経済に変調か

[有料会員限定]

フラッシュクラッシュ(瞬時の急落)が再来した。5日、米ダウ工業株30種平均が1175ドル安と史上最大の下げ幅を記録。特段の材料がないままに買い注文がすくみ、電子取引の売りが一気に膨らんだ。低金利・低変動を前提とした「適温相場」の連鎖が崩れ始めたとの見方も出ている。

5日の米株市場で特に衝撃的な動きをしたのが午後3時すぎだった。15分ほどで800ドル近くも下落。コンピューターを駆使したプログラム取引...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り617文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン