/

エイボン、物言う株主の圧力で新CEOをユニリーバから

【ニューヨーク=河内真帆】米化粧品大手エイボン・プロダクツは5日、新しい最高経営責任者(CEO)に食品・日用品大手英蘭ユニリーバの欧州事業トップのヤン・ザイダーフェルト氏(53)が同日付で就任したと発表した。「物言う株主」の圧力で3月の引退を発表していたシェリ・マッコイCEOの退任を待たず就任を決めた。

エイボンは業績が低迷しており、株価は1年前の6割近い安値を付けたまま浮揚できず、株主の不満が高まっている。2012年に就任したマッコイCEOはエイボン北米事業の投資ファンド大手サーベラスへの売却、本社の英国移転を決めるなど事業再編を進めてきた。業績は大きく好転せず、2017年8月に今年3月での退任を宣言していた。

大株主として発言権の強い投資家の一部がエイボンに対し会社売却を要請している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン