/

この記事は会員限定です

イオン九州、食の衛生認証 店ごとに

[有料会員限定]

イオン九州は店舗ごとに、食品の衛生管理手法「危険度分析による衛生管理(HACCP)」に基づいた認証を取得する。自治体から取得を進め、高まる消費者の安全志向に対応する。小売業界の中でも珍しい取り組みだ。

昨年は自治体が独自に出す認証の取得を進めた。イオン大村店(長崎県大村市)は長崎県から取得。熊本中央店は熊本市から、HACCPの前段階である認証を取った。さらに年内に時津店(長崎県時津町)、壱岐店(長崎県壱岐市)でも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り579文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン