/

この記事は会員限定です

愛三工業 2輪向け燃料ポンプをインドで生産へ 年500万個体制

[有料会員限定]

トヨタ自動車系の愛三工業は、インドで二輪車向けの燃料ポンプ生産に乗り出す。2020年末までに総額数十億円を投じ、年間500万台分を生産する。同国は20年から二輪車の燃費・排ガス規制を欧州並みに強化する。規制対応に不可欠な電子制御に対応した燃料ポンプを現地メーカーなどから受注したため、大規模な現地生産に踏み切る。

愛三工業は技術援助先の印フィエム社と合弁で生産会社を設立し、首都ニューデリーの近郊で新工場を立ち上げる。生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り626文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン