2018年4月24日(火)

「五反田で何が悪い」 渋谷に背を向ける起業家たち

コラム(ビジネス)
スタートアップ
東京
(1/3ページ)
2018/2/7 6:30
保存
共有
印刷
その他

 東京・五反田が急成長するスタートアップ企業の集積地になりつつある。起業の街・渋谷より3割程度安いオフィス賃料と交通の便が魅力で、渋谷から移る企業も相次ぐ。事業拡大で街を去る企業が出ても、新たな起業家が次々に集まってくる。かつてソニーを生んだ雑多な街は、若い企業の交流と新陳代謝で新たな価値観を育んでいる。

■わい雑な街、むしろ魅力

 「だだっ広い倉庫を安く借り、好きなように改造してクリエイティブな空間を作る。米西海岸的なオフィスづくりができるのは都内でもここしかない」

 飲食店予約台帳システムのトレタの中村仁社長(48)は3年前の新本社選びの際、40年以上にわたって五反田の顔ともいえる物件「TOCビル」に一目ぼれした。オフィス面積は838平方メートルと直前の渋谷時代の4倍に増やし勝負に出た。

 トレタは中小零細が多い飲食店の業務効率化ニーズを取り込み成長中。監査法人トーマツが毎年発表する技術系スタートアップの売上高成長率ランキング「日本テクノロジーFast50」(2017年版)で2位だった。過去3年で13.4倍も成長し、従業員も約100人に達した。

 同ランキングで成長率13.5倍と僅差でトレタを上回り、1位となったのも五反田組。個人のスキルをネットで売買するココナラだ。

 同社は渋谷で創業し五反田、渋谷と引っ越しを繰り返し、17年1月に五反田に戻った。南章行社長(42)は「五反田は渋谷に希少なワンフロア100坪のビルが残り、従業員がふらりといく安い飲み屋も多い」と話す。

 五反田といえば、風俗店やラブホテルが建ち並ぶわい雑なイメージがつきまとう。渋谷や六本木と比べ、お世辞にもおしゃれな街とは言えない。

 そんな五反田だからこそ、「渋谷=起業家の集まる街」という既成概念に背を向ける新興勢力にはむしろ魅力的だ。

 「スタートアップは新しい概念を打ち立てていく存在。出来上がった世界観に乗っかっていくのはピンとこない」。受発注見積もりサイトのユニラボの栗山規夫社長(37)は優等生的な渋谷や六本木に“挑戦状”をたたきつける。

 17年6月、下北沢からやってきたネット広告のZEALS(ジールズ)の清水正大社長(26)も「渋谷、六本木は文化ができあがっている」と感じ、五反田を選んだ。

 こうした反骨精神の強い起業家たちが集まるのが五反田の一面だ。五反田本社で唯一といっていい全国区の老舗企業、学研ホールディングスは「我々にとっても五反田のイメージアップになる」と歓迎する。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報