2018年11月16日(金)

林業9割に債務保証 農水省、法改正で大規模化後押し

2018/2/5 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農業と同じように林業もどのように規模を広げるかが課題になっている。戦後に大量植林したスギなどが伐採期を迎える中、林業で働く人は過去25年で半減し高齢化と担い手不足が進む。農林水産省は国が債務保証する事業者の対象を今の3割から9割まで広げて資金面での支援を急ぐ。

■適齢期でも切らない「宝の持ち腐れ」

「切りごろを迎えているのにもったいない。宝の持ち腐れだ」。宮崎中央森林組合(宮崎市)の奈須隆男事業課…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報