/

この記事は会員限定です

株急落、歴史繰り返すか 金利逆風も頼みは低PER

証券部 須永太一朗

[有料会員限定]

日経平均株価が今年最大の下げ幅を記録した5日の株式市場。株高の基調は続くとの見方がある一方、過去の急落時との類似点を根拠に先行きを不安視する動きもじわり広がっている。米金利の上昇などで相場が大きく調整した局面は過去にもあった。高値警戒感が続くなかで、急落の歴史は繰り返すのか。

この日は朝方から、ファーストリテイリング京セラなどの主力株が下落した。海外の短期筋や国内の機関投資家の売りが集中し、日経平均は浮上のきっかけをつかめ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り975文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン