/

この記事は会員限定です

仮想通貨 「取引所」、実は投資家

[有料会員限定]

仮想通貨を扱う会社は「取引所」と呼ばれる半面、事業の内容は証券取引所などとは異なる。顧客の売買注文を自己勘定で引き受けて利ザヤも稼いでおり、「投資家」の側面がある。債券ディーラーなどに近く、法律上は交換業者との位置づけだ。仮想通貨交換会社のビジネスモデルを整理する。

東京証券取引所では投資家が株式などの売り注文や買い注文を出し、それぞれが提示する価格が合致すれば売買が成立する。「オークション方式」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1262文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン