2018年5月21日(月)

三陽商会、自社ビルを売却 売却益33億円

2018/2/5 17:42
保存
共有
印刷
その他

 三陽商会は東京都港区の自社ビル「青山ビル」を売却すると発表した。譲渡額は非公表。2018年12月期に譲渡益の約33億円を特別利益として計上する見込み。青山ビルは主にプレスルームとして使っており、社員は他の事業所に移す計画だ。衣料品の販売不振で業績が低迷していることから、遊休資産を売却して収益を確保する。

三陽商会の青山ビル(東京・港)

 青山ビルは延べ床面積が5861平方メートル。売却先は国内法人1社だといい、4月20日付で引き渡す予定。同物件は16年末、杉浦昌彦前社長の知人である元渋谷区議への売却が固まりかけていた。だが男性が詐欺罪の有罪判決を受けていたことから取引を中断した経緯がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報