/

NEC・産総研・理研、AIを共同研究

NECと産業技術総合研究所、理化学研究所は5日、人工知能(AI)研究で連携すると発表した。ビッグデータの不足を補ったり、複数のAIが協力して仕事をしたりする仕組みを開発する。NECはそれぞれと共同研究していたが、基盤技術から実用化まで一貫した開発ができると判断した。情報共有やソフトの共同開発などで研究成果を高め、実用化につなげる。

まず2分野での研究で連携する。ビッグデータ分析をするうえで必要な、過去のデータの蓄積が難しかったり、不十分だったりする場合に、不足したデータを補って推論する技術を開発する。

また複数のAIで社会システムが運用される未来を見越し、AI同士が譲ったり、分担したりするなど自律的に協調できる技術を開発する。

それぞれの研究についてNECは両研究所と別々に共同研究を進めていた。3者の共同研究で加速することに合意、研究成果の最大化を目指す。両研究所は富士通東芝など民間企業と連携した研究開発も進めている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン