政府、辺野古移設に弾み 知事選の構図に影響
米軍再編交付金の再開検討

2018/2/5 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

4日投開票の沖縄県名護市長選で、自民、公明両党などが全面支援した新人の渡具知武豊氏が現職の稲嶺進氏を破り、政府・与党は秋の知事選に向けて勢いづいている。地元の「民意」が得られたとして名護市への米軍再編交付金の再開を検討。今夏にも辺野古で土砂投入を開始し、埋め立て作業を本格化させる方針だ。

「3選をめざす現職市長を破るのは難しいと思っていたが、本当に勝ててよかった」。安倍晋三首相は5日午前、記者団…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]