2018年2月21日(水)

バランス欠く日本の難民対策 滝澤三郎氏        東洋英和女学院大学大学院 客員教授

私見卓見
2018/2/6 2:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 日本における難民認定申請者が急増している。2010年には約1200人だったが、16年には約1万人、17年は1万7千人と予想される。申請者の8割以上はインドネシア、ネパール、ベトナムなどアジアからで、中東やアフリカの紛争国からの申請者は1%程度だ。

 急増のきっかけは、民主党政権下だった10年の政策変更にある。留学生や短期滞在許可を持つ「合法的滞在者」が難民申請をした場合には、6カ月後から日本での就…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報