/

この記事は会員限定です

南都銀、証券業務に参入へ 奈良証券を子会社化

[有料会員限定]

南都銀は証券業務に参入する。5日午前の取締役会で2019年3月までに奈良証券(奈良県大和郡山市)を買収することを決めた。マイナス金利の長期化で預貸金利ざやが縮小する中、証券参入で手数料収入を拡大するのが狙い。南都銀によると、関西では証券業務参入は池田泉州銀、京都銀に次ぎ3行目という。

奈良証券は1944年設立の奈良の地場証券。従業員は約30人で資本金は1億1750万円。南都銀は奈良証券の個人、法人の株主と8月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り270文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン