/

この記事は会員限定です

[FT]英ディープマインド、眼疾患診断AIを開発

[有料会員限定]
Financial Times

米グーグルの持ち株会社アルファベット傘下の英ディープマインドが、医用画像を分析することで疾患の診断を行う人工知能(AI)を開発した。医療分野でのAIの重要な応用は初となる。

ロンドンを拠点とするディープマインドは網膜をスキャンした数千のデータを高速処理し、AIが眼疾患の予兆をヒトの専門医よりも素早く効率的に見つけられるようアルゴリズムを訓練してきた。

同社は、英国の国民保健サービス(NHS)と世界...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1153文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン