2018年5月23日(水)

勝負はこれから

フォローする

「4番打ちたい」 西武・山川の気概にプロをみた
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2018/2/6 6:30
保存
共有
印刷
その他

 抱負は?と問えば「与えられた打順で役目を果たしたい」と答える打者が多いなか、あれほど強い「4番」への執着をみたのは久しぶりだった。西武の5年目、山川穂高(26)。「一番打ちたい打順」として、中村剛也(34)らとの争いに臨む。その意欲が、10年ぶりのリーグ優勝への原動力になるかもしれない。

山川は4番への決意を新たにしている

山川は4番への決意を新たにしている

 体形が似ていることや、その長打力から、おかわり君(=中村)二世ともいわれた山川だが、自分の名で、大きく羽ばたきはじめた。

 2軍暮らしの期間もあった昨季は78試合の出場にとどまった。それでも4年目で自己最多の23本塁打、61打点をマーク、大器の片りんを示した。チームの59年ぶり13連勝の中では楽天・則本昂大からの2打席連発を含む1試合3発の本塁打ショーもあった。

 一昨年までは打てない打席が続くと、スイングが小さくなり、一発長打の持ち味が消えるという悪いサイクルにはまっていた。しかし、昨季は新たに就任した辻発彦監督の辛抱強い起用もあり、吹っ切れたようにスイングし続けた。

「自分はレギュラーじゃない」

 しばらくは打率も2割そこそこ。それでも、辻監督はラインアップから外さなかった。1年かかっても、この打者を育てるという意思がうかがえた。しかし、それははたから見ているからわかることで、本人にその余裕はなかったし、監督のおうようさに甘えるつもりもなかった。「毎打席、これで打てなかったらおしまいというつもりでやっている」と言い続けた。

 年が明けても、その口調は変わらぬままだった。「自分はレギュラーじゃない。キャンプからアピールして、シート打撃、紅白戦、オープン戦と持ち味を最大限に出していかないといけない」。自主トレ公開日の1月18日のコメントだ。

 現在の立ち位置としては「レギュラー定着」と「4番獲得」はほぼ同義のものといっていいかもしれない。

 昨季は4番も任された。その座について見えたものがあるという。

 それまでは中村ら4番の打席を遠くからうかがうのみだったが、そこに座ってみて「打てなかった、じゃすまない。(投手の)攻め方も違う」と感じた。「それを打ち破ってこその4番だし、だからこそ4番を打ちたい」

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

勝負はこれから 一覧

フォローする
2月、キャンプ地を訪れた野球評論家の権藤博氏(手前)と談笑する石井琢コーチ

 既視感に襲われたのは今年2月、ヤクルトの浦添(沖縄県)キャンプを取材したときだった。同時進行で何人も打ち込める打撃練習の工夫が施され、手持ち無沙汰にしている選手がいない。この風景、どこかで見たぞ…… …続き (5/15)

松坂は4月19日の阪神戦でワインドアップから投げ込んだ=共同共同

 4月19日の阪神戦で、中日・松坂大輔(37)がみせてくれたワインドアップモーションは怪物復活を思わせるものだった。ワインドアップは見栄えの問題で、技術の根幹に関わるものではないと本人も示唆しているが …続き (5/1)

通算2000安打へ一歩ずつ近づいている=共同共同

 適時打を放ち塁上に立ったロッテ・福浦和也(42)のユニホームを、千葉名物の風が少々手荒にはためかせて祝福した――。ロッテひと筋にプレーして25年目の今季、通算2000安打が視野に入った。選手寿命が伸 …続き (4/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]