/

中国、米核戦略に「断固反対」

【北京=永井央紀】中国国防省は4日、トランプ米政権が公表した新たな核戦略指針について、「中国の発展の意図をでたらめに推し量り、中国の核戦力の脅威を誇張したことに、中国は断固反対を表明する」と反発する談話を発表した。「米国は世界最大の核兵器を持ち、平和発展という世界の潮流に自発的に順応すべきだ」と指摘した。

「中国はいかなる状況でも核の先制不使用の政策を厳守する」との方針も改めて表明。「米国は自らの核軍縮の特殊かつ優先的な責任を引き受け、中国の戦略を正しく理解して、世界と地域の発展を中国と一緒に守ってほしい」と呼びかけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン