/

この記事は会員限定です

夫婦の別れ、前向きに 寺井広樹さん

発信~異端であれ

[有料会員限定]

「旧郎旧婦の最後の共同作業です!」。夫婦関係解消を決めた男女が、「独身に帰る」というシャレが込められたカエルを模したハンマーで結婚指輪をたたき潰し、仲人改め「裂人(さこうど)」ら参列者が拍手を送る。「離婚式」の発案者でプランナー、寺井広樹さん(37)は500組以上の司会を務め、夫婦の別れを見届けてきた。

当初は20~30代が中心だったが、近年は40~60代が目立つように。「人生の失敗でなく、再出発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1080文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン