/

「新政あいち」95人で設立 立民に合流呼びかけ継続

愛知県内の民進党系地方議員95人が参加する地域政党「新政あいち」は3日、名古屋市内で設立総会を開いた。2019年の統一地方選に向け、同党系勢力を集結させるため、参加を見送った立憲民主党の地方議員9人にも引き続き合流を呼びかける。塚本久代表(民進県連幹事長、県議)は総会後の記者会見で「アプローチして入ってもらえるよう努力したい」と述べた。

新政あいちは統一地方選で立候補者を推薦することを決めている。県内最大の民進党支持団体、連合愛知も同日、新政あいちと政策協定を結んだうえで、推薦する方針を明らかにした。

連合愛知の佐々木龍也会長は総会への出席後「民進系議員の固まりを維持し、広げる観点から設立は大変喜ばしい」と述べ、立民の地方議員の合流に期待を示した。総会には愛知県の大村秀章知事も出席した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン