/

この記事は会員限定です

農産物輸出「1兆円」黄信号 国際基準の取得遅れる

17年8000億円どまり

[有料会員限定]

政府が成長戦略の一環に位置づけている農林水産物・食品の輸出が伸び悩んでいる。安倍晋三政権は「2019年に輸出額1兆円」の目標を掲げてきたにもかかわらず、17年の輸出額は約8000億円にとどまるもよう。過去最高は更新するが、前年からの伸び率は7%程度と2年連続の1桁で、目標達成には黄信号がともる。思惑がはずれた政府は挽回に躍起となっている。

「全ての食品事業者に国際標準に基づく衛生管理を義務付け、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1340文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン