2018年2月26日(月)

コインチェック利用者が被害者団体 仮想通貨流出

社会
2018/2/3 16:54
保存
共有
印刷
その他

 仮想通貨交換業者コインチェック(東京・渋谷)から580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した問題で、同社の利用者が3日、被害者団体を結成した。今後は訴訟も視野に、顧客資産の返還や取引停止による損害の賠償、詳しい情報開示などを求めていくという。

被害者団体代表者(左)と弁護士らが対応を話し合った(3日、東京都港区)

 東京都内で30人余りが集まり、弁護士を交えて今後の対応を協議した。近くホームページを作成して他の被害者にも参加を呼びかけ、集団でコインチェックと交渉していく方針を決めた。

 同社は流出したネムを保有していた約26万人に総額約460億円を返金すると表明している。しかし、被害者団体代表の関東在住の自営業男性(42)は「これまでの姿勢や情報公開の遅れに不信感がある。訴訟なども含め、結束して速やかな対応を求めていく」と話した。

 6千万円相当のネムや他の仮想通貨を預けているという都内の会社員男性(32)は「問題発覚後に仮想通貨全体の価値が下がり続けている。一刻も早く返してほしい」と不安を漏らした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報