/

この記事は会員限定です

東大生が心奪われた遊郭 根津

今昔まち話

[有料会員限定]

東大・本郷キャンパスと日本医科大付属病院に挟まれた根津神社。現在の静かな雰囲気からは想像できないが、周辺はかつて江戸有数の非公認遊郭だった。地域雑誌「谷中・根津・千駄木」の編集人だった作家の森まゆみさんは「様々な事情からつらい境遇に身を置いた女性が、この辺りにはたくさんいたんです」と思いをはせる。

森さんの著書「不思議の町 根津」によると、遊郭ができたのは1706年の社殿造営がきっかけ。大工や左官...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り701文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン