/

この記事は会員限定です

広がる木の空間 働く・集う・和む

オフィスの士気向上、雑貨店ではリピーター多く

[有料会員限定]

国産の木材を使ったオフィスや店舗、駅などが増えている。天然の木の生み出す穏やかな空間に人が集まり、コミュニケーションの活発化などの効果がみられる。耐火性能など技術の進歩で柱など使える範囲も拡大。国産材振興の流れも追い風に、木の空間は住居から公共の場へと広がっている。

「課長、ちょっといいですか?」。木目が美しい長机で仕事をする上司の隣にパソコンを持った若手社員が座った。2017年5月にリニューアル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1217文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン