印で血糖値センサー現地生産 アークレイ、市場開拓

2018/2/3 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医療機器メーカーのアークレイ(京都市)はインドで血糖値を測るセンサーの製造事業に参入する。従来、主力の糖尿病関連の製品はフィリピンなどで生産し、インドに輸出していた。現地生産に切り替えることで価格競争力を高め、大規模医療施設で現在、1割強のシェアを、2018年10月期に2割に伸ばす。

糖尿病患者などが自分で血糖値を測る小型機器に取り付けるセンサーを生産する。測定のたびに交換する消耗品で、製品の性…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]